建売住宅でありがちな「外構トラブル」を回避する方法

新築の建売住宅を購入した方の中には、「外構」によるトラブルに遭遇してしまうケースがあるもの事実です。
外構とは家の周りを言い表すものであり、建売住宅によっては外構をどのように扱うのかが異なります。
本記事では、外構トラブルに遭遇しないために、どのようなことが必要なのかを紹介します。

1. 建売でのトラブル

建売で購入した新築物件の外構トラブルはどのようなものがあるのか紹介していきましょう。

1-1. 土の状態のまま

建物自体は建っているが、周りが剥き出しの土の状態で外構工事を追加でしなければならないことがあります。見た目が悪いだけでなく、車や庭などが完成するまで工事に立ち会わなくてはならない問題があります。

1-2. フェンスがない

完成した家の周囲を見渡すとフェンスや塀がなく、剥き出しになってさらされている状態の建売住宅もあります。このような場所に引っ越しをしても、空き巣をはじめとした犯罪に巻き込まれてしまう恐れがあります。フェンスや塀を設置するためには手間や時間が必要になり、引っ越しが遅くしまう可能性も出てくるでしょう。

1-3. 追加注文が必要なことを現場で知る

塀、フェンス、駐車場の工事をするものだと思っていたら、業者から追加で費用が必要と迫られることがあります。追加注文の場合、業者の設定していた当初の費用よりも高くなってしまい、追加費用を工面しなければならないという問題があります。

2.トラブルを回避する方法

建売住宅の外構に関するトラブルはさまざまです。リスクを下げるために、次のようなことに気をつけて住宅を購入する前に対策を行うようにしてください。

2-1.建売購入に確認をする

建売住宅を購入する際に細かい条件を確認しましょう。とくに建売住宅の完成予定場所が更地の物件の場合、どこまでの範囲を業者が担当するのか明確にしておきましょう。

明確にしておくことで、完成後、家以外が手つかずのままだったというトラブルを回避できます。工事途中の物件を確認する際も、同様に工事はどこまで行うのかしっかり確認するようにしましょう。

2-2.料金を確認

外構工事が別料金で発生する際は、依頼前に料金を確認するようにしてください。現場で追加工事が必要と迫られた場合は、料金が高くなっている可能性があります。

依頼前に、外構工事が必要と判明した段階で料金を確認しましょう。料金確認時には現状の相場から判断することも大切です。相場以上の値段を要求された場合は外構工事だけ別業者に依頼をしましょう。

2-3.境界線を確認する

外構工事を行う前に境界線をはっきりと確認するようにしてください。建売住宅の中には土地の境界線が曖昧に設定されているケースがあります。

図面上は問題がなくても、実は越境していたというケースも考えられます。実際の物件で境界線を細かく確認し、隣人とトラブルに発展しないよう業者と入念な打ち合わせをしてください。

2-4.越境物の確認

住宅周辺の越境物の有無について確認をしましょう。場合によっては他人の植木が自分の家に侵入していることもあります。

越境物が侵入している際は、隣人と相談をしてどのような扱いにするのか明確にしておくようにしましょう。越境物を曖昧な状態にしておくと、隣人とのトラブルに発展してしまう恐れもあるため注意が必要です。

2-5.フェンス、塀の状況を確認する

フェンスや塀が完成している物件でも、それらの状態を確認してください。塀やフェンスが設置されていても、高さが低く簡単に侵入されてしまう恐れもあります。防犯上死角となるスペースも考えられるため注意が必要です。

3.外構工事を自分で計画する際に気をつけること

建売の物件で外構工事が別途必要な場合は、次のような方法で外構工事の業者選びや外構工事内容を検討しましょう。

3-1.カースペースをどのようにするか

スペースが限られている場合は、駐車場スペースをどのようなものにするかを考えながら設計してください。土地に敷くものがアスファルトなのか、それとも砂利なのか、素材によって費用が異なります。